本文へ移動

東京2020教育プログラムへの参加

東京2020教育プログラム「ようい、ドン!」に申請し、東京2020オリンピック・パラリンピック教育実施校「ようい、ドン!スクール」として認証されました!
ホームルーム活動や体育祭・文化祭を通じて3つのレガシーを残していきます。
<<3つのレガシー>>
・失敗を恐れず自ら行動を起こす人材、将来に向かって自信と勇気を兼ね備えた人材を育てていく
・障害の有無、人種、言語等、様々な違いがあることを理解しつつ、共につながり、助け合い、支え合って生きていく力を身に付ける(多様性の理解)
・東京2020大会を契機に、国際社会や地域社会の活動に関心を持って、主体的、積極的に社会に参画できる人材を育てていく

活動内容

平成30年度体育祭

簡易ルールボッチャ
東京オリンピック・パラリンピックの競技体験を通じて、東京オリンピック・パラリンピックへの興味を醸成することを目的とし、ボッチャを体育祭競技の一つとして取り入れ、実施しました。
実際のボッチャルールや器具ではなく、簡易的なルール・器具にて実施しましたが、陸上のカーリングと呼ばれるボッチャの基本ルールや難しさなどを学ぶことができました。
ガイドウォーク
陸上競技の中で、マラソンがありますが、パラリンピック競技の中にも、ガイドランという種目があります。
この競技を参考に、二人一組になり、一人は目隠しをして、一人はガイドとして100mという距離を走破するという競技を取り入れました。
前が見えない状態で前進する。もう一人は声でガイドをするといった内容を通じて、参加した生徒は、前の見えない怖さ、的確な指示の難しさや、一人ではできないことでも助けてくれる人がいることで完遂することができるという、協力の大切さや達成感を得ることができました。

平成30年度学園祭

資料展示1
学園祭の展示ブースにおいて、オリンピック競技・パラリンピック競技についての知識・理解を得ていただくことを目的として、資料展示を行いました。
ホームルーム等でも実際に行ったオリンピック・パラリンピックについての考察などから、生徒自身で展示する内容の決定を行いました。
実際に展示ブースに足を運んだ方にも興味深く閲覧していただくことができました。
資料展示2
展示資料の中には、実際に見た人に考えて戴くためにクイズ形式での展示も行いました。
1枚目に問題があり、資料をめくることで答えがわかる仕組みになっています。
ただ、読むだけではなく実際に自分の手で解答を確認するという動作が入ることで、理解や興味をより深く得る事を目的としています。
 TEL:0796-22-3786
 FAX:0796-24-2282
2.大岡学園高等専修学校
(単位制)

 TEL:0796-22-3786
 FAX:0796-24-2282
3.国際交流センター地球村
 TEL:0796-24-7000
 FAX:0796-24-2282
4.生涯学習センター人間村
 TEL:0796-24-6000
 FAX:0796-24-2282
【住所】
 〒668-0065
 兵庫県豊岡市戸牧500-3
TOPへ戻る